CR 北斗の拳6 拳王 ボーダー と 止め打ち手順 スペック について

hokutonoken6_01

待ちわびました!
ついに北斗6ですよ!

今回もゼロアタッカ-による溢れ球無しと
止め打ち等による玉増加で甘くなるはず!?

メインで打つ機種になることは
間違いなさそうです!

CR北斗の拳6 拳王 のボーダー
止め打ち手順と基本スペックの紹介!

--SponsoredLink--

CR北斗の拳6 拳王 スペック

CR北斗の拳6 拳王 基本スペック

当選確率 1/394.8→1/39.5
カウント数・賞球 10カウント・15
確変突入率 80%
電チューサポート 20 or 40 or
60 or 次回
バトルモード突入時の平均連荘 4.59連荘 平均7629個

大当り出玉

16R 約2290個
4R 約570個

電サポ中の増減

なし

ヘソ入賞時 振分け

HYPER BONUS
16R確変(次回)
10%
EXTRA BONUS
16R確変(次回)
2%
BONUS
4R確変(次回)
50%
拳王ボーナス
(次回)
8%
潜伏確変
(初回のみ0)
10%
拳王ボーナス
(60)
1%
拳王ボーナス
(40)
5%
拳王ボーナス
(20)
14%

電チュー入賞時 振分け

HYPER BONUS
16R確変(次回)
50%
BONUS
4R確変(次回)
17%
突然確変
(次回)
13%
突然時短(60) 1%
突然時短(40) 5%
突然時短(20) 14%

CR北斗の拳6 拳王 ボーダー

交換率 表記出玉 出玉5%減
2.5円 21 22
3.0円 19 20
3.3円 18 19
3.5円 18 19
等価 16.4 17.3

CR北斗の拳6 拳王 期待値

1000円でまわる平均回転数 ボーダー 1回転の期待値(玉数) 2000回転期待値(玉数)
17.4 +1 0.84 1676
18.4 +2 1.61 3238
19.4 +3 2.32 4638
20.4 +4 2.95 5902
21.4 +5 3.52 7047

※1000円で回る平均回転数は等価の場合です

CR北斗の拳6 拳王 止め打ち手順

開放パターンは7開放の

ショート・インターバル
ショート・ショート・ショート・インターバル
ミドル・ショート・インターバル
ミドル

S・I・S・S・S・I・M・S・I・M
※5個入賞で強制終了

止め打ち 手順

初級Ver 手順

1.電チュウ開放2回目が開いたら打ち出し停止
2.電チュウ解放4回目が開いたら打ち出し開始
3.電チュウ解放5回目が開いたら打ち出し停止
4.電チュウ解放7回目が閉じたら打ち出し開始

スルー周りの釘よければ手順3で5個入賞するので
4の手順に入ることなく1に戻ります。

 

上級Ver 手順

1.電チュウ開放1回目が開いたら1拍置いて1発打ち出し
2.電チュウ開放2回目が開く直前に1発打ち出し
3.電チュウ開放3回目が開く直前に1発打ち出し
4.電チュウ開放4回目が開いたら1拍置いて1発打ち出し
5.電チュウ開放5回目が開いたら1発打ち出し
6.電チュウ開放6回目が開いたら1発打ち出し
7.電チュウ開放7回目が開いたら1拍置いて1発打ち出し

 

 

初実践が右調整良かったので
なので電チュウ入らねぇよ!
ってことがなかったんですが。

釘次第なとこもあるので調整しましょう。

上級Verはもりもり増やせるので
止め打ちはマスターしておきたいですね!

CR北斗の拳6 拳王 ワンツー打法

上アタッカーは比較的成功率を上げやすいです。

下アタッカーもかなりシビアにいけば
そこそこ成功します。

上アタッカー時のみ、9発入賞で止め、ワンツーから
打ちっぱなしでうまくいけば12発入賞も可能!

上アタッカーに6発入賞で止めると大体9発入るので
6発入賞後、すぐにワンツーから打ちっぱなしで
時間効率もほぼ変わらず消化できます。

ゼロアタッカーなので、打ちっぱなしでも
成功率は高いですが、実施する方が
少し出玉増が見込めます。

消化が早いのでつい打ちっぱなしになりそうですが
最後のラウンドはキッチリ打ちすぎないよう止めましょう。

■サイト内検索■
■効率よくポイントサイトでお小遣いをもらおう!■
【自己アフィリで簡単にお金を稼ぐ方法】




--SponsoredLink--
サブコンテンツ

管理人プロフィール

oni01
名前 **よし**

養分稼働を極めた後
期待値稼働を覚え
勝ち組仲間入りを果たす

しかし
適当でゆるい立ち回りも多く
対して時給が出ていない
現実に目を向ける

自分の未熟さを克服し
覚醒すべく勉強の日々が始まる


プロフィール詳細

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

このページの先頭へ

アクセスランキング