パチンコ・スロットの負け方

kaizi20131030

皆さんは、パチンコ・スロットの印象ってどんなでしょう?

勝てるようには出来ていない。
だからこそ、遊戯として楽しむもの。

こう思っている方、正解です。

パチンコ・スロットは
絶対に
ユーザーが勝てるようには出来ていません。

--SponsoredLink--
お店の視点で考えよう

まず考えてみたらわかる事ですが、お店も慈悲事業ではありません。
当然、利益を出し続けなければ存続する事が不可能です。

お店が潰れない = 客が負けている

という図式が成り立っているからです。

当たり前ですが、
日によっては赤字はあれど月で見てみると
設定配分でトータル機械割りが100%を超えるわけがありませんし
ボーダー以上に回させるわけがありません。

つまり勝てるわけがないのです。

負ける立ち回り

まずパチンコやスロットを打つ人のほとんどが
楽しむ事を優先しています。

今日は新台打ちたいなー!
あー、久しぶりにあの台打ちたい!

その、打ちたい機種の中から
勝てそうな気がする台を選んでいるだけなはずです。

勝ちたい!と思いながらもその本質は
好きな台を打って勝ちたい!

これです。

本人はしっかり立ち回っているつもりになっているのが
波を読む立ち回り

これはですね。
パチンコにしても、スロットにしても
確率の分布というものを考えれば波なんてものは
確率における範囲内での誤差でしかありません。

まあ昔は僕もやってたんで、
気持ちはわからなくもないですけどねw

もし興味があれば
完全確率論と波理論についての記事を見てくださいね。

完全確率論と波理論

そして一時騒がれた
ホルコン理論で立ち回り

もしかしたらそういうのも、あるのかもしれない・・・?
程度のオカルトとして楽しむには問題ないですが
ガチでこれに頼った立ち回りはNGですよ。

ちなみに、これも記事があります。
興味があれば見てください。

ホルコン理論について

僕も実は多少ありそう!なんて思ってはいるんですが
今はオカルトとして楽しんでいるだけですw

この記事を書いた当時はまだパチンコ経験浅く
釘のみの調整で営業なんてギャンブル要素強いんじゃ?
と思っていた部分もあったのですが、

パチンコ店の営業日数と台数から考えれば
その日の確率のブレはあっても月間でいえば
釘のみの調整で収束しちゃうんですよね。

そして最も多く
しっかりと立ち回っているつもりとなる
根拠のない高設定狙い

お店は設定6をそんなに使う事はありません。
これをピンポイントでツモるのは至難の業です。

そして、中間設定や低設定ですら高設定の挙動をする台も多数あります。

ほとんどの方はうまく高設定をツモれていませんし、ツモれません。

個人での勝ち負けは・・?

さて、散々言いましたが
お店 VS ユーザー全体で見たとき
お店が必ず儲かるように出来ています。

しかし、ユーザー全体の中の個々は・・・?

勝てます!

上記で説明してきたとおり
ほとんどのユーザーは負ける打ち方をしています。
総数でいえば9割です。

勝てる立ち回りを追及した1割の人が
パチンコスロットで勝ち続ける事が出来ているのは
紛れも無い事実です。

どうすれば負けないかを突き詰めていけば
トータルでプラス収支にする事が出来るからこそ
パチプロという人種が存在するという事ですね。

というわけで
個々としてみたときに勝つ為の立ち回りを
項目ごとに説明していきたいと思います。

■サイト内検索■
■効率よくポイントサイトでお小遣いをもらおう!■
【自己アフィリで簡単にお金を稼ぐ方法】

k_s05


--SponsoredLink--
サブコンテンツ

管理人プロフィール

oni01
名前 **よし**

養分稼働を極めた後
期待値稼働を覚え
勝ち組仲間入りを果たす

しかし
適当でゆるい立ち回りも多く
対して時給が出ていない
現実に目を向ける

自分の未熟さを克服し
覚醒すべく勉強の日々が始まる


プロフィール詳細

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

このページの先頭へ

アクセスランキング